フツーの自己啓発

汎用性と再現性とその他

愛する兄弟たち

世の人たちは

 

この世の霊と肉に支配されている

 

しかし、神に選ばれた

 

あなたたちは清い信仰のもと

 

神の恵みと憐れみにより

 

神の御霊に支配されています

 

召しと選びを確実なものとするために

 

愛と信仰をしっかりと保つように

 

積極的なあなたたちは

 

確かな勝利を収める

 

アーメン、ハレルヤ

狭い門とは?

十字架のことです。入ろうと努めながら入れない者が多いとイエスさまが言われたのもうなずけます。十字架を通って神の国へ行くのです。肉の働きを殺すのです。こうして死ねばあなたは御霊のバプテスマを受け復活するのです。しかし、無理でしょう。もし、聖くあって愛の人に本気でなりたいなら、血に至るまで罪に抵抗しなければなりません。わたしは子に自由にしていただきました。罪を犯せなくなったのです。パウロやペテロ、ヨハネの気持ちがよくわかります。手紙を書いているときは、彼らは、喜びに満たされていました。真の聖徒への祝福と偽りの教師に対する警告を彼らは必ず書いていました。十字架のイエスさまを信じることは、罪に勝利して生きることだとどうしてわからないのですか?神学校を出た牧師たちは、本当のことを体験していないことが何故分からないのですか?なぜ、何度も同じことを言わせるのですか?あなたがたは、聖書を調べていますが、わたしはこの世界に、聖書の世界から出てきてしまったのです。御霊をもっていなければ、御霊によって生きるようにパウロが言ったようには生きられません。一般の人たちは、この世の霊と肉に支配されて生きていますが、子に自由にされた人は、御霊に支配されて生きているために、決して罪に定められることはないのです。完全に自由なのです。ただ、祈っていれば、御霊が受けられると思いますか?そう教える人は偽り者です。自分で形作った妄想をまず、あなたが破壊するのです。罪を止めて苦しむのです。こうして罪から逃れた者に神は御霊を望む者に与えます。必ず御霊を受けるかどうか、現代では分かりません。もしかしたら、火のために不信仰の者たちは滅びの日まで閉じ込められていることも考えられます。イエスさまが終わりの日はちょうどノアの日のようだと言われていますから。罪を赦されて生きるのではなく、罪に勝利して生きる者が神の国へ入るのです。イエスさまが十字架で死なれ復活されたように、あなたも十字架で死ななければ復活しません。復活とは御霊を受け、新しくされることです。アーメン。

わたしの叱責に心を留めるなら、今すぐ、あなたがたにわたしの霊を注ぐ

22 「わきまえのない者たち。あなたがたは、いつまで、わきまえのないことを好むのか。あざける者は、いつまで、あざけりを楽しみ、愚かな者は、いつまで、知識を憎むのか。

23
わたしの叱責に心を留めるなら、今すぐ、あなたがたにわたしの霊を注ぎ、あなたがたにわたしのことばを知らせよう。

24
わたしが呼んだのに、あなたがたは拒んだ。わたしは手を伸べたが、顧みる者はない。

25
あなたがたはわたしのすべての忠告を無視し、わたしの叱責を受け入れなかった。

26
それで、わたしも、あなたがたが災難に会うときに笑い、あなたがたを恐怖が襲うとき、あざけろう。

27
恐怖があらしのようにあなたがたを襲うとき、災難がつむじ風のようにあなたがたを襲うとき、苦難と苦悩があなたがたの上に下るとき、

28
そのとき、彼らはわたしを呼ぶが、わたしは答えない。わたしを捜し求めるが、彼らはわたしを見つけることができない。

29
なぜなら、彼らは知識を憎み、主を恐れることを選ばず、

30
わたしの忠告を好まず、わたしの叱責を、ことごとく侮ったからである。

31
それで、彼らは自分の行いの実を食らい、自分のたくらみに飽きるであろう。

32
わきまえのない者は背信で自分を殺し、愚かな者の安心は自分を滅ぼす。

33
しかし、わたしに聞き従う者は、安全に住まい、わざわいを恐れることもなく、安らかである。」

箴言1:22~33 )

 

上記はすべての人間に対する警告である。救いは神に従うことにある。神は従わない者たちを滅ぼす。上記はイエスさまの十字架以降も有効である。つまり、西暦70年のエルサレム崩壊に成就し、また、将来の主イエスの地上再臨時にも当てはまる。神を愛する者は神の掟を守り、主イエスのすべての教えを守り行う。この人たちは、王また祭司となり、永遠に支配する。アーメン。

 

命には命

主イエスはご自分の命をかけてわたしたちと全世界のために十字架で死なれ、復活されました。あなたに覚悟が出来ていますか?命には命です。覚えておいてください。牧師が決して教えないことを。永遠の命のために、あなたは自分の命を差し出す必要があることを知らなかったでしょう。命には命の原則です。666が来たときにもし、あなたが生きていたら、「命には命」ということばを思い出してください。命の書に名が印されていない者はみな、獣の刻印を受けます。真のクリスチャンに伝えます。命には命の原則があることを。「死に至るまで忠実であれ。」です。イエスさまのために生き、イエスさまのために死ねますか?これが、信仰と愛の証です。たなぼた式に命が得られることはないのです。律法を聞くだけで、それを行わない者には決して救いはないのです。イエスさまのために死ぬことは益になるのです。弟子たちはイエスさまの復活を見て、御霊を受け、そしてイエスの証人になりました。彼らは宣教に文字通り命を懸けました。そして殉教しました。

 

参照聖句

 

それからイエスは弟子たちに言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。 自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを見いだすであろう。 たとい人が全世界をもうけても、自分の命を損したら、なんの得になろうか。また、人はどんな代価を払って、その命を買いもどすことができようか。 人の子は父の栄光のうちに、御使たちを従えて来るが、その時には、実際のおこないに応じて、それぞれに報いるであろう。( マタイ16:24~27)

 

自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのために自分の命を失う者は、それを救うであろう。 (ルカ9:24)

 

自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのため、また福音のために、自分の命を失う者は、それを救うであろう。(マルコ8:35)

あなたは支配されている

クリスチャンが神の御霊に支配されるのはいいことだが、ふつうの人は、神の御霊以外に支配されている。この世の霊に。肉に。だから神に従うことが出来ない。人間は何かに支配されて生きる生き物だ。支配の特徴は長期間に渡って行っているものすべてがそうである。趣味も2~3ヶ月で飽きて終わるものと何十年とやっているものがあるかもしれない。後者の方が支配されているといえる。自分が好きでやっているものはすべてそうだ。学問、芸術、宗教等皆同じ。支配されているから、聞き入れない。これを聞いて納得出来た人は、支配から逃れることが出来る。宗教もさまざまある。各自の宗教から抜け出せないのは、自分が好きで、正しいと信じているからだ。これを支配されているという。本当のことを何も知らない人間がどうして、正しいと信じられるのか?自分が不完全な人間であることを認め、執着しなければ、真理に到達できる。真実の神の霊によって。それ以外は偽りの霊である。偽りを信じられるのなら、もうお終いである。神の羊はそうではないからだ。イエスの羊は神の霊を信じる。これは、世界が創造される前からそうなのだ。アーメン。

人々のあらゆる不敬虔と不正に対して、神の怒りが天から啓示されている

18 というのは、不義をもって真理をはばんでいる人々のあらゆる不敬虔と不正に対して、神の怒りが天から啓示されているからです。

19
それゆえ、神について知らされることは、彼らに明らかです。それは神が明らかにされたのです。

20
神の、目に見えない本性、すなわち神の永遠の力と神性は、世界の創造された時からこのかた、被造物によって知られ、はっきりと認められるのであって、彼らに弁解の余地はないのです。

21
それゆえ、彼らは神を知っていながら、その神を神としてあがめず、感謝もせず、かえってその思いはむなしくなり、その無知な心は暗くなりました。 (ローマ1:18~21)

 

神と和解しなければ、その人の上に神の怒りがとどまる。神に対する悔い改めと主イエスに対する信仰によってあなたは救われる。アーメン。

主は、不義な者どもを、さばきの日まで、懲罰のもとに置く

主は、敬虔な者たちを誘惑から救い出し、不義な者どもを、さばきの日まで、懲罰のもとに置くことを心得ておられるのです。汚れた情欲を燃やし、肉に従って歩み権威を侮る者たちに対しては、特にそうなのです。 (ペテロ第二2:9~10)

 

すべて、罪を犯し続ける不義な者どもは、懲罰のもとに置かれています。かれらは、汚れた情欲を燃やしていると書かれています。あなたが、まだこういう状態なら、不義な者どもです。しかし、この状態は救われる前の人たちも含めて、すべての人たちが経験していることです。この状態から逃れた人たちと留まる人たちに分けられています。木と実を立派にすべく、励んでください。そういう気持ちがまだ残されている人だけに言います。あなたが、罪から離れた時に、神はあなたを救い出すことができます。罪から離れるのは、あなたが行うのです。もし、祈るとしたら、主の愛の内に留まり、真理の内に堅く立つことができるように祈りましょう。霊と真理を持って祈ることです。そして、罪を止めるのは、神の奇跡ではなくあなたが行うのです。肉の働きを殺す。もし、殺すことができたら、あなたは、狭い門から入ることが出来たのです。この狭い門から入らなければ、救いはありません。この真理を知っているのは、真のクリスチャンです。御霊は神が望む者に与えてくださいます。御霊によって自由になった人は、神の国を待ち望みます。アーメン。

 

 

ある牧師が言っていました。修道院に入ってこれに挑戦した人たちが過去にいましたが、皆失敗したと。真面目な人がこの肉の働きを殺すことに挑んで敗れていったと。だから、初めが信仰なら、終わりも信仰だと。つまり、信仰から入って、肉の力で肉を殺そうとしても無理だから、イエスさまに戻るのだと。つまり、初めが信仰なら、終わりも信仰というわけです。肉を殺すことは神の御霊。だから、各自与えられた霊に応じて従って行けばよい。という結論でした。あなたが、この説明がもっともだと思うなら、そうすればいいのです。現在多くの牧師も罪と戦うと言っています。ポルノを避けるよう頑張っている。頑張ってください。偽の多くの聖職者たちの児童の性的虐待をする者たちより、まだましです。毒麦もいつかは、神は麦に変えてくださるのだろうか?わたしのブログの主旨からは、そうかも知れないと言えます。でなければ、これほど、霊的な戦いをして、ブログに書く必要はないのです。イエスさまは、こう言っています。わたしの父が植えた木でないものは、根こぎにされると。このたとえは、御霊を与えられた人は父なる神が植えた木なのです。御霊が新しい創造の力であり、命なのです。この力によってすべてのものが新しくされるのです。アーメン。