フツーの自己啓発

汎用性と再現性とその他

キリストと共に死んだ者はキリストと共に生きるようになる

わたしは、シスジェンダー異性愛者であった。つまり、普通の多数派。異性を恋愛対象とし、異性に性的欲求をもつ者として生まれた。

 

LGBTQIA+、Xジエンダーではないという人。

 

御霊の油注ぎについて、ヨハネが語っているが、神の霊が注がれた場合の心理的変化を記録しておこう。

 

エスさまが言われたような、女を見続けることはない。姦淫のこころを持たない。異性に対して情欲がない。

 

これは、御霊を受けたあとのことです。

 

つまり、死んだとは、「極小の信仰」を使って、「神の力」を使い、肉を殺し続けた結果、聖書で否とされた状態(肉の業)が消えたということ。

 

自分を十字架に付けた者はキリストに属する者。つまり天使のようになるということ。

 

では、異性について、どう感じるか?

 

男性が、男に恋愛感情や性的欲求を抱かないのと全く同じになる。

 

性的に何にも感じない。

 

わたしは、酒、タバコ、女性を全くやらない人。賭け事も勿論やらない。

 

これが、罪からの解放です。エッチな考えも浮かばない。この完全勝利は神の栄光です。

 

世に打ち勝った者です。

 

あり得るのです。これが、神の力であり、福音はすべて信じる者に救いを得させる神の力の実体験です。

 

観念論でそうだと言っているのではないのです。実質的な力の体験を証ししています。

 

自分の衣を子羊の血で洗って白くした者、別の言い方では、神が白い衣を着せてくださった者です。

 

異言(いげん)は関係ありません。霊が変化しただけでなく、体を神の栄光のために使っている者です。

 

これで、パウロヨハネ、ペテロたちが手紙で伝えたかったことがわたしに成就したのです。

 

ハレルヤ、アーメン

 

あなたもこれを目指せばいいのです。イエスさまが言われた、「もう罪を犯してはなりません」

 

「主イエスが死んで蘇られたのは、あなた方が罪を犯さないようになるためです」

 

このことの成就です。

 

ハレルヤ!

 

あなたが、もし、小さな信仰をもっているなら、神の力を必ずもっているのです。

 

その神の力(信仰)を使うなら、世に勝利出来るのです。

 

これを信じること。「イエスがキリスト」だと信じるとはこういうことだったのです。

 

アーメン

信仰によって神の力を使う

1.わたしたちにも神の力が与えられているという気づき

 

2.四位一体の概念がわたしに与えられた

 

3.聖霊の内住、聖霊バプテスマ、神の霊が宿っている限り肉ではなく霊の支配下にある、神の臨在、聖霊の満たし、キリストと結びつく、新しい創造、額に神の御名とイエスの御名が書かれている、水と霊によって新しく生まれる等はみな、「父なる神、キリスト・イエス聖霊」(三位一体の神)と信者がひとつであるという気づきを与えられました

 

もし、わたしに「からし種」ほどの小さい、実際にはもっと小さい極小の信仰があるなら、わたしにも、その信仰に応じた神の力が与えられているに違いないという理解が与えられました

 

「福音はすべて信じる者に救いを得させる神の力」とパウロは語った

 

「神の力は信じる者の内に今も働いている」と聖書に書いてあります

 

 

しかし、もし、神に聞き従わなければ、神に退けられます

 

サウル王、ソロモン王、その他、たとえ預言者であっても神に退けられたのです

 

従わない、サウル王とその他の預言者は神に殺されました

 

預言者エリヤ、エリシャは神に聞き従いました

 

エリヤは列王記第二1:9~12で計100人の兵士を天から火を降らせて殺しました

 

エリシャは列王記第二2:23~24でエリシャをからかったため、二頭の雌熊で計42人の小さい子供たちを裂き殺しました

 

奇跡は神が行われたのです

 

何が言いたいのかと言うと神と結びついている人が願えば、それが神のみこころに合っていれば、神は彼らの願いをかなえてくださるということです

 

 

人間の側からいえば、黙示録7:14で「彼らは大きな苦難を通って来た者で、その衣を子羊の血で洗って白くしたのである」と書いてあるので、彼らが信仰により、神の力を使って自分で自分の衣を白くしたのです、つまり、彼らが罪に勝利したのです、神の力を使ってです

 

一方神の側から見れば、黙示録6:9~11で「白い衣を与えられた」殺された人々がいると書かれてます つまり、神が白い衣を与えたと書いてあります

 

黙示録1:5で「イエス・キリストがわたしたちを愛し、ご自分の血によって罪から解放してくださった」つまり、神が罪からの解放を行ってくださったということです

 

つまり、奇跡は神が起こします

 

驚くべきことに、信仰をもった人は、その信仰に応じて神の力を持ちます、神が働かれるためです

 

小さい信仰の人は小さい神の力を持ちます、神がその人の願いをかなえるということです

 

つまり、人間が信仰によって、神の力を使って人間が世に勝利するのです(神は世に勝った人たちを勝利した者と呼びます)

 

神のみこころに合ってさえいれば、神は彼らの願いをかなえてくださます

 

これを四位一体とわたしは理解しました、三位一体の神と一つだからです

 

ですから、いつまでも待っているという、受け身では勝利できないということが、お分かりいただけたでしょうか?

 

アーメン

 

福音に夢を感じ、それを信じ、命をかけて人々に伝える力を与えたのは神である

退屈でつまらない、人生に夢を創造したショパン

 

ショパンは、ピアノの詩人として彼の内にある夢をこの世界に創造した。その夢を受け取ったある若い人が、中学、高校でその夢を同世代の生徒たちに披露した。そして聴いた生徒たちに彼の受けた夢を伝染させた。まさに、彼は夢を彼らに伝染させたのだ。それを聞いた若者たちはその夢を自ら、自分のものとした。そして、彼らもまた、彼らが受けたその夢を他の人たちに伝染させていった。

 

 

青春時代の若者に、その夢を与えたのは、同じ学年の生徒。しかし、大人になるとその感激が受けられない人たちが多くなった。

 

夢を受け、その夢を受け継いだ子供たちは、ショパンの曲を若くして弾くようになった。

 

 

キリスト信仰もそれと同じである。キリストの死と復活の信仰を霊において、神から与えられた使徒たちは、人々にその信仰を伝えた。

 

その信仰を人々と分かち合い、人々に伝えたのは、神に選ばれた信者たちだった。

 

その素晴らしい福音に夢を感じ、それを信じ、命をかけて人々に伝える力を与えたのは神である。

 

アーメン。

キリストの血の贖い、すなわち(罪からの解放)を信じた人は救われる

5 また、忠実な証人、死者の中から最初によみがえられた方、地上の王たちの支配者であるイエス・キリストから、恵みと平安が、あなたがたにあるように。イエス・キリストは私たちを愛して、その血によって私たちを罪から解き放ち、

6
また、私たちを王国とし、ご自分の父である神のために祭司としてくださった方である。キリストに栄光と力とが、とこしえにあるように。アーメン。

 

ヨハネ黙示録1:5~6)

 

 

わたしは神さまに聞いてみました

 

キリストの血による罪からの解放が、水と霊による新生を意味しているのかどうか?

 

今でも、聖霊バプテスマはあるのかどうか?

 

もし、あった場合、異言や預言が口から出てくるのかどうか?

 

今でも、病の癒しがあるのかどうか?

 

聖書に書かれていないことは、罪になるのかどうか?

 

 

もちろん、直接お話はできません

 

ですから、わたしは、聖書に出てくる神と話ができる人たちより

 

はるかに、劣った者です

 

 

キリストの血については答えてくださいました

 

わたしたちはみな罪人ですので、キリストの血によらなければ

 

だれもにも、救いはないといことを

 

ただ、信じるときどうのように救われるかです

 

わたしの聖書理解は、「罪からの解放」で、それはその通りでした

 

新生によるものと理解しているのですが

 

今でも、本当の新生はあるのかどうかです

 

それについては、上記に書いてある通り

 

神さまに、祈りを通して聞いてみましたので

 

何らかの方法で答えが与えられると信じています

 

アーメン

 

忠実な愛

南フランスで出会った、Christina (クリスティーナ)

 

 

あなたは水と霊によって新しく生まれたのです

 

主によって神のこどもとされました

 

 

Christinaの忠実な愛にわたしは十字架をプレゼントした

 

 

それから、わたしたちは

 

エメラルド色の草原へ向かった

 

 

突然、わたしたちは移動し、草原の中を一緒に歩いた

 

花が咲き乱れる

 

さわやかな風が吹き渡ったところに来た

 

ここは、昔、海だった場所

 

 

両耳に風の音が聞こえる

 

わたしは両手を天へ向けて、神に感謝の祈りを捧げようとした

 

そのとき、クリスティーナがわたしをとらえた

 

彼女の短めの髪がわたしの頬に触れた

 

 

クリスティーナはこころの中で言った

 

(あなたはわたしの「真実の愛」)

 

 

空には美しい虹がかかっていた

 

 

「ここへ、連れて来てくれてありがとう」とクリスティーナは言った

 

 

栄光の神はいつでもどこにいてもわたしたちと共にいてくださる

 

しかし、神は邪悪な者たちからは遠く離れる

 

(彼らは神と隣人を愛さなかった)

 

 

「忠実な愛」、「真実の愛」は神のもの

 

神は輝く栄光の光でご自分の愛する者たちを包まれる

 

宝石のように美しい、エメラルドの草原で

 

サファイヤ色の天の玉座から

 

神はわたしたちに

 

ご自分の聖霊と命を与え

 

わたしたちを愛と喜びと命で満たしてくださる

 

 

主の喜びは全地に満ち、絶えることはない

 

わたしたちは、幸いな者と呼ばれ、

 

永遠に神の愛の御腕に抱かれる

 

 

すべての災いは過ぎ去り

 

義の宿る世界で

 

わたしたちは新しい命を生きる

 

(愛のない者たちはこの世界に入れない)

 

 

アーメン

 

人はだれでも、環境の影響を受け、自分が蒔いているものを刈り取る

1 ソロモン王は、パロの娘のほかに多くの外国の女、すなわちモアブ人の女、アモン人の女、エドム人の女、シドン人の女、ヘテ人の女を愛した。

2
この女たちは、主がかつてイスラエル人に、「あなたがたは彼らの中に入って行ってはならない。彼らをもあなたがたの中に入れてはならない。さもないと、彼らは必ずあなたがたの心を転じて彼らの神々に従わせる」と言われたその国々の者であった。それなのに、ソロモンは彼女たちを愛して、離れなかった。

3
彼には七百人の王妃としての妻と、三百人のそばめがあった。その妻たちが彼の心を転じた。

4
ソロモンが年をとったとき、その妻たちが彼の心をほかの神々のほうへ向けたので、彼の心は、父ダビデの心とは違って、彼の神、主と全く一つにはなっていなかった。

5
ソロモンはシドン人の神アシュタロテと、アモン人のあの忌むべきミルコムに従った。

6
こうしてソロモンは、主の目の前に悪を行い、父ダビデのようには、主に従い通さなかった。

7
当時、ソロモンは、モアブの、忌むべきケモシュと、アモン人の、忌むべきモレクのために、エルサレムの東にある山の上に高き所を築いた。

8
彼は外国人の自分のすべての妻のためにも、同じようなことをしたので、彼女たちは自分たちの神々に香をたき、いけにえをささげた。

9
主はソロモンに怒りを発せられた。それは彼の心がイスラエルの神、主から移り変わったからである。主は二度も彼に現れ、

10
このことについて、ほかの神々に従って行ってはならないと命じておられたのに、彼は主の命令を守らなかったからである。

11
それゆえ、主はソロモンに仰せられた。「あなたがこのようにふるまい、わたしが命じたわたしの契約とおきてとを守らなかったので、わたしは王国をあなたから必ず引き裂いて、あなたの家来に与える。

12
しかし、あなたの父ダビデに免じて、あなたの存命中は、そうしないが、あなたの子の手からそれを引き裂こう。

 

(列王記第一11:1~12)

 

自分だけは大丈夫と考えてはいませんか?人はだれでも自分の蒔いているものを刈り取るようになります。

 

あなたのこころはどこにありますか?

 

神に向けられているでしょうか?

 

キリストと結びついているなら、決して罪に定められないのです。

 

主に感謝しましょう。

 

「信じて聞き従う」これが救いです。

 

 

アーメン

永遠から永遠にわたって「I am」であられる方

あなたの口から出た、勝利のみことばは、必ず成果をおさめて帰ってきます

 

あなたに聞き従う子供はあなたの目に「高価で尊い」のです

 

あなたは、わたしを愛しておられます

 

だれも、あなたの御腕から、わたしを奪い去ることはできません

 

 

あなたは、わたしを主イエスの十字架での血の贖いの功績によって

 

正しい者とされました

 

 

あなたは、永遠の昔からそう定めておられました

 

 

あなたの栄光の輝き

 

それはまるで、うつくしい宝石のよう

 

 

サファイア色の天空は王の玉座

 

主のさわやかな風がわたしを包む

 

エメラルド色の草原で

 

 

わたしはあなたに向かって賛美の歌を歌う

 

すべての被造物と共に

 

 

わたしの耳元で風の音が聞こえる

 

わたしは両手を広げて、祈りを捧げる

 

それはすべて

 

あなたに対する感謝と賛美

 

 

あなたの愛はわたしの喜び

 

アモレシテ ガウディウメウム

 

 

わたしたちのこころは神に捧げられる

 

あなたを愛するすべての友と共に

 

アーメン