フツーの自己啓発

汎用性と再現性とその他

神を愛する者たちと憎む者たち

1 神よ。立ち上がってください。神の敵は、散りうせよ。神を憎む者どもは御前から逃げ去れ。

2
煙が追い払われるように彼らを追い払ってください。悪者どもは火の前で溶け去るろうのように、神の御前から滅びうせよ。

3
しかし、正しい者たちは喜び、神の御前で、こおどりせよ。喜びをもって楽しめ。

4
神に向かって歌い、御名をほめ歌え。雲に乗って来られる方のために道を備えよ。その御名は、主。その御前で、こおどりして喜べ。

5
みなしごの父、やもめのさばき人は聖なる住まいにおられる神。

6
神は孤独な者を家に住まわせ、捕らわれ人を導き出して栄えさせられる。しかし、頑迷な者だけは、焦げつく地に住む。

 

詩編68:1~6)

 

 

聖書はいつも救いを受ける者たちと滅びる者たちについて教えています。人間が教えを聞いて悔い改めることを神は望まれています。悔い改めることは聞いた人たちが自分で行なうことです。神を恐れず、悪を行う者たちは消え去れ!アーメン。

信仰を行いによって証明する

あなたのこころは喜ばないか?神と隣人に対する愛をあなたが生き方によって証明するという考えに。神が聖い方であるようにあなたも聖く生きることに。罪を離れ、イエスの教えをすべて守り行うことに。もし、あなたがアーメンを表明するなら、わたしたちの仲間である。イエスの血により無罪である。ハレルヤ。

最初の確信を終わりまでしっかり保つ

12 兄弟たち。あなたがたの中では、だれも悪い不信仰の心になって生ける神から離れる者がないように気をつけなさい。

13
「きょう」と言われている間に、日々互いに励まし合って、だれも罪に惑わされてかたくなにならないようにしなさい。

14
もし最初の確信を終わりまでしっかり保ちさえすれば、私たちは、キリストにあずかる者となるのです。

 

(ヘブル3:12~14)

 

神と共にいるようにしましょう。罪に惑わされることなく。アーメン。

神を知っていると口では言いますが、行いでは否定する人たち

15 きよい人々には、すべてのものがきよいのです。しかし、汚れた、不信仰な人々には、何一つきよいものはありません。それどころか、その知性と良心までも汚れています。

16
彼らは、神を知っていると口では言いますが、行いでは否定しています。実に忌わしく、不従順で、どんな良いわざにも不適格です。

 

(テトス1:15~16)

 

今もおり昔もいた人たち。神によって新しく生まれない限り、救いはありません。聖霊による、新生と更新の洗いによって救われます。神のあわれみによる救いです。神を信じている人々は良いわざに励むのです。すべて義を行う者は神から生まれています。アーメン。

御霊によって歩む人と聞くだけの人

御霊によって歩む人は、律法を成就しています。愛と信仰によって生きているからです。問題なのは聞くだけの人たち。この人たちは、御霊を持たず、不法(罪)を行っているため、退けられるでしょう。もし、あなたが、後者の人で救いに関心があれば、生き方を変えましょう。神のことばは霊ですから、従う人は救われるでしょう。その理由は、神がそう言われているからです。アーメン。

 

1 わが子よ。もしあなたが、私のことばを受け入れ、私の命令をあなたのうちにたくわえ、

2
あなたの耳を知恵に傾け、あなたの心を英知に向けるなら、

3
もしあなたが悟りを呼び求め、英知を求めて声をあげ、

4
銀のように、これを捜し、隠された宝のように、これを探り出すなら、

5
そのとき、あなたは、主を恐れることを悟り、神の知識を見いだそう。

6
主が知恵を与え、御口を通して知識と英知を与えられるからだ。

7
彼は正しい者のために、すぐれた知性をたくわえ、正しく歩む者の盾となり、

8
公義の小道を保ち、その聖徒たちの道を守る。

9
そのとき、あなたは正義と公義と公正と、すべての良い道筋を悟る。

10
知恵があなたの心に入り、知識があなたのたましいを楽しませるからだ。

11
思慮があなたを守り、英知があなたを保って、

12
悪の道からあなたを救い出し、ねじれごとを言う者からあなたを救い出す。

 

箴言2:1~12)

神の御こころを行う者が御国に入る

20 罪を犯した者は、その者が死に、子は父の咎について負いめがなく、父も子の咎について負いめがない。正しい者の義はその者に帰し、悪者の悪はその者に帰する。

21
しかし、悪者でも、自分の犯したすべての罪から立ち返り、わたしのすべてのおきてを守り、公義と正義を行うなら、彼は必ず生きて、死ぬことはない。

22
彼が犯したすべてのそむきの罪は覚えられることはなく、彼が行った正しいことのために、彼は生きる。

 

23 わたしは悪者の死を喜ぶだろうか。—神である主の御告げ—彼がその態度を悔い改めて、生きることを喜ばないだろうか。

 

(エゼキエル18:20~23)

悪者でも悔い改めれば救われますが、悔い改めない人は死ぬしかありません。イエスさまの十字架に逆らって生きるからです。牧師はイエスを信じれば、罪を犯しても救われると教えていますが、聖書では救われる信者は罪を犯さないと教えています。上記の原則はイエスさまの十字架以降も有効です。アーメン。

主を恐れることは知識の初め

主を恐れることは知識の初めである。愚か者は知恵と訓戒をさげすむ。



わきまえのない者は背信で自分を殺し、愚かな者の安心は自分を滅ぼす。


しかし、わたしに聞き従う者は、安全に住まい、わざわいを恐れることもなく、安らかである。



箴言1:7、32、33)