フツーの自己啓発

汎用性と再現性とその他

マタイの福音書 17章

1 それから六日たって、イエスは、ペテロとヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に導いて行かれた。

2
そして彼らの目の前で、御姿が変わり、御顔は太陽のように輝き、御衣は光のように白くなった。

3
しかも、モーセとエリヤが現れてイエスと話し合っているではないか。

4
すると、ペテロが口出ししてイエスに言った。「先生。私たちがここにいることは、すばらしいことです。もし、およろしければ、私が、ここに三つの幕屋を造ります。あなたのために一つ、モーセのために一つ、エリヤのために一つ。」

5
彼がまだ話している間に、見よ、光り輝く雲がその人々を包み、そして、雲の中から、「これは、わたしの愛する子、わたしはこれを喜ぶ。彼の言うことを聞きなさい」と言う声がした。

6
弟子たちは、この声を聞くと、ひれ伏して非常にこわがった。

7
すると、イエスが来られて、彼らに手を触れ、「起きなさい。こわがることはない」と言われた。

8
そこで、彼らが目を上げて見ると、だれもいなくて、ただイエスおひとりだけであった。

9
彼らが山を降りるとき、イエスは彼らに、「人の子が死人の中からよみがえるときまでは、いま見た幻をだれにも話してはならない」と命じられた。

10
そこで、弟子たちは、イエスに尋ねて言った。「すると、律法学者たちが、まずエリヤが来るはずだと言っているのは、どうしてでしょうか。」

11
エスは答えて言われた。「エリヤが来て、すべてのことを立て直すのです。

12
しかし、わたしは言います。エリヤはもうすでに来たのです。ところが彼らはエリヤを認めようとせず、彼に対して好き勝手なことをしたのです。人の子もまた、彼らから同じように苦しめられようとしています。」

13
そのとき、弟子たちは、イエスバプテスマのヨハネのことを言われたのだと気づいた。

14
彼らが群集のところに来たとき、ひとりの人がイエスのそば近くに来て、御前にひざまずいて言った。

15
「主よ。私の息子をあわれんでください。てんかんで、たいへん苦しんでおります。何度も何度も火の中に落ちたり、水の中に落ちたりいたします。

16
そこで、その子をお弟子たちのところに連れて来たのですが、直すことができませんでした。」

17
エスは答えて言われた。「ああ、不信仰な、曲がった今の世だ。いつまであなたがたといっしょにいなければならないのでしょう。いつまであなたがたにがまんしていなければならないのでしょう。その子をわたしのところに連れて来なさい。」

18
そして、イエスがその子をおしかりになると、悪霊は彼から出て行き、その子はその時から直った。

19
そのとき、弟子たちはそっとイエスのもとに来て、言った。「なぜ。私たちには悪霊を追い出せなかったのですか。」

20
エスは言われた。「あなたがたの信仰が薄いからです。まことに、あなたがたに告げます。もし、からし種ほどの信仰があったら、この山に、『ここからあそこに移れ』と言えば移るのです。どんなことでもあなたがたにできないことはありません。

21
〔ただし、この種のものは、祈りと断食によらなければ出て行きません。〕」

22
彼らがガリラヤに集まっていたとき、イエスは彼らに言われた。「人の子は、いまに人々の手に渡されます。

23
そして彼らに殺されるが、三日目によみがえります。」すると、彼らは非常に悲しんだ。

24
また、彼らがカペナウムに来たとき、宮の納入金を集める人たちが、ペテロのところに来て言った。「あなたがたの先生は、宮の納入金を納めないのですか。」

25
彼は、「納めます」と言って、家に入ると、先にイエスのほうからこう言い出された。「シモン。どう思いますか。世の王たちはだれから税や貢を取り立てますか。自分の子どもたちからですか。それともほかの人たちからですか。」

26
ペテロが「ほかの人たちからです」と言うと、イエスは言われた。「では、子どもたちにはその義務がないのです。

27
しかし、彼らにつまずきを与えないために、湖に行って釣りをして、最初に釣れた魚を取りなさい。その口をあけるとスタテル一枚が見つかるから、それを取って、わたしとあなたとの分として納めなさい。」

 

マタイの福音書 16章

1 パリサイ人やサドカイ人たちがみそばに寄って来て、イエスをためそうとして、天からのしるしを見せてくださいと頼んだ。

2
しかし、イエスは彼らに答えて言われた。「あなたがたは、夕方には、『夕焼けだから晴れる』と言うし、

3
朝には、『朝焼けでどんよりしているから、きょうは荒れ模様だ』と言う。そんなによく、空模様の見分け方を知っていながら、なぜ時のしるしを見分けることができないのですか。

4
悪い、姦淫の時代はしるしを求めています。しかし、ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられません。」そう言って、イエスは彼らを残して去って行かれた。

5
弟子たちは向こう岸に行ったが、パンを持って来るのを忘れた。

6
エスは彼らに言われた。「パリサイ人やサドカイ人たちのパン種には注意して気をつけなさい。」

7
すると、彼らは、「これは私たちがパンを持って来なかったからだ」と言って、議論を始めた。

8
エスはそれに気づいて言われた。「あなたがた、信仰の薄い人たち。パンがないからだなどと、なぜ論じ合っているのですか。

9
まだわからないのですか、覚えていないのですか。五つのパンを五千人に分けあげて、なお幾かご集めましたか。

10
また、七つのパンを四千人に分けてあげて、なお幾かご集めましたか。

11
わたしが言ったのは、パンのことなどではないことが、どうしてあなたがたには、わからないのですか。

12
彼らはようやく、イエスが気をつけよと言われたのは、パン種のことではなくて、パリサイ人やサドカイ人たちの教えのことであることを悟った。

13
さて、ピリポ・カイザリヤの地方に行かれたとき、イエスは弟子たちに尋ねて言われた。「人々は人の子をだれだと言っていますか。」

14
彼らは言った。「バプテスマのヨハネだと言う人もあり、エリヤだと言う人もあります。またほかの人たちはエレミヤだとか、また預言者のひとりだとも言っています。」

15
エスは彼らに言われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」

16
シモン・ペテロが答えて言った。「あなたは、生ける神の御子キリストです。」

17
するとイエスは、彼に答えて言われた、「バルヨナ・シモン。あなたは幸いです。このことをあなたに明らかに示したのは人間ではなく、天にいますわたしの父です。

18
ではわたしもあなたに言います。あなたはペテロです。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデスの門もそれには打ち勝てません。

19
わたしは、あなたに天の御国のかぎを上げます。何でもあなたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天でも解かれています。」

20
そのとき、イエスはご自分がキリストであることをだれにも言ってはならない、と弟子たちを戒められた。

21
その時から、イエス・キリストは、ご自分がエルサレムに行って、長老、祭司長、律法学者たちから多くの苦しみを受け、殺され、そして三日目によみがえらなければならないことを弟子たちに示し始められた。

22
するとペテロは、イエスを引き寄せて、いさめ始めた。「主よ。神の御恵みがありますように。そんなことが、あなたに起こるはずはありません。」

23
しかし、イエスは振り向いて、ペテロに言われた。「下がれ。サタン。あなたはわたしの邪魔をするものだ。あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている。」

24
それから、イエスは弟子たちに言われた。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。

25
いのちを救おうと思う者はそれを失い、わたしのためにいのちを失う者は、それを見いだすのです。

26
人は、たとい全世界を手に入れても、まことのいのちを損じたら、何の得がありましょう。そのいのちを買い戻すのには、人はいったい何を差し出せばよいでしょう。

27
人の子は父の栄光を帯びて、御使いたちとともに、やがて来ようとしているのです。その時には、おのおのその行いに応じて報いをします。

28
まことに、あなたがたに告げます。ここに立っている人々の中には、人の子が御国とともに来るのを見るまでは、決して死を味わわない人々がいます。」

人間が抱える問題は人間自身のもの

人間が遭遇する悪は、神には何の関係もありません。神が悪いのではなく、従わない人間が悪いのです。神がいるならどうして悪が存在するのか?その悪は神に従わない者たちと悪魔が引き起こしているのです。自然災害でさえそうです。人間の罪が自然界のバランスを狂わせた。楽園から追放された時からそれは始まりました。悪の存在は信者の信仰を純化するために必要なものです。悪魔も666も神はお用いになります。悪人たちも義人たちの身代金となるために必要なのです。すべての被造物はこうして試みられます。悪魔も同様に試みられました。いつ?エデンの園において。神が人間を創造された後その人間を見て自分が神のようになりたいと。かれは、真理のうちに固く立たず、その知性を腐らせました。ノアの時代、あるべきところを捨てた悪霊となった者たちも美しい女性をみて試みられました。彼らは信仰の敗北者です。イエスさまと一緒に十字架につけられた二人の犯罪人のうち、一人は「もし、おまえがキリストなら、お前自身と我々を救ってみろ。」と言い、救われませんでした。が、他の一人は、「主よ、あなたが王国に入られる時にわたしのことを思い出してください。」とイエスさまに信仰を告白して救われました。「主よ」という犯罪人の言葉はほとんどの聖書で削除されています。ここに、救われる人の特徴が描かれています。謙遜で自分を低くし主に信仰をもつ人は救いを得るということです。人類は二種類に分けられる。おれたちを救えという高慢な者たちと自分を低くして神の義を得る者とに。また神の知識を持っていても、その意味を知らない人たちが多くいます。神によって新しく創造された人たちが救いを得るのです。誰でも自分を高める者は低くされ、低める者は高くされる。神がおられるならなぜ助けてくれないのか。神も仏もいないと言ってはなりません。苦しみは本来、神が与えたものではないからです。神を信じて何かいいことがありますか?と言う人たちに言います。いいことはないと。こころが遠く離れているそういう人たちの祈りは聞かれず、その信仰は無駄だからです。しかし、このことを覚えておくがよい。神はご自分の聖徒が祈れば、その祈りは確かに聞かれると。神はすでにあなたを愛した。今度は、あなたがその神を愛する番だ。神が何かをしてくれるなどと考えてならない。なぜなら、もう、イエスさまの尊い犠牲である十字架における神の愛は完了しているからです。あなたはそのことを学びました。ですから、主イエスの名を信じ、あなたのために流された血の意味を理解し、神の戒め(互いに愛し合うこと)を守り、イエスのあかし(イエスが教えられたすべてのこと)を守りましょう。そして、これから来るあらゆる艱難から逃れ、人の子の前に立つことができるよう、絶えず祈っていましょう。神は決して忘れません。御名に示したあなたの愛を。アーメン。

マタイの福音書 15章

1 そのころ、パリサイ人や律法学者たちが、エルサレムからイエスのところに来て、言った。

2
「あなたのお弟子たちは、なぜ長老たちの言い伝えを犯すのですか。パンを食べるときに手を洗っていないではありませんか。」

3
そこで、イエスは彼らに答えて言われた。「なぜ、あなたがたも、自分たちの言い伝えのために神の戒めを犯すのですか。

4
神は『あなたの父と母を敬え』、また『父や母をののしる者は死刑に処せられる』と言われたのです。

5
それなのに、あなたがたは、『だれでも、父や母に向かって、私からあなたのために差し上げられる物は、供え物になりましたと言う者は、

6
その物を持って父や母を尊んではならない』と言っています。こうしてあなたがたは、自分たちの言い伝えのために、神のことばを無にしてしまいました。

7
偽善者たち、イザヤはあなたがたについて預言しているが、まさにそのとおりです。

8
『この民は、口先ではわたしを敬うが、その心は、わたしから遠く離れている。

9
彼らが、わたしを拝んでも、むだなことである。人間の教えを、教えとして教えるだけだから。』」

10
エスは群集を呼び寄せて言われた。「聞いて悟りなさい。

11
口に入る物は人を汚しません。しかし、口から出るもの、これが人を汚します。

12
そのとき、弟子たちが、近寄って来て、イエスに言った。「パリサイ人が、みことばを聞いて、腹を立てたのをご存じですか。」

13
しかし、イエスは答えて言われた。「わたしの天の父がお植えにならなかった木は、みな根こそぎにされます。

14
彼らのことは放っておきなさい。彼らは盲人の手引きをする盲人です。もし、盲人が盲人の手引きするなら、ふたりとも穴に落ち込むのです。」

15
そこで、ペテロは、イエスに答えて言った。「私たちに、そのたとえを説明してください。」

16
エスは言われた。「あなたがたも、まだわからないのですか。

17
口に入る物はみな、腹に入り、かわやに捨てられることを知らないのですか。

18
しかし、口から出るものは、心から出てきます。それは人を汚します。

19
悪い考え、殺人、姦淫、不品行、盗み、偽証、ののしりは心から出て来るからです。

20
これらは、人を汚すものです。しかし、洗わない手で食べることは人を汚しません。」

21
それから、イエスはそこを去って、ツロとシドンの地方に立ちのかれた。

22
すると、その地方のカナン人の女が出て来て、叫び声をあげて言った。「主よ。ダビデの子よ。私をあわれんでください。娘が、ひどく悪霊にとりつかれているのです。」

23
しかし、イエスは彼女に一言もお答えにならなかった。そこで、弟子たちはみもとに来て、「あの女を帰してやってください。叫びながらあとについて来るのです」と言ってイエスに願った。

24
しかし、イエスは答えて、「わたしは、イスラエルの家の失われた羊以外のところには遣わされていません」と言った。

25
しかし、その女は来て、イエスの前にひれ伏して、「主よ。私をお助けください」と言った。

26
すると、イエスは答えて、「子どもたちのパンを取り上げて、小犬に投げてやるのはよくないことです。」

27
しかし、女は言った。「主よ。そのとおりです。ただ、小犬でも主人の食卓から落ちるパンくずはいただきます。」

28
そのとき、イエスは彼女に答えて言われた。「ああ、あなたの信仰はりっぱです。その願いどおりになるように。」すると、彼女の娘はその時から直った。

29
それから、イエスはそこを去って、ガリラヤ湖の岸を歩き、山に登って、そこにすわっておられた。

30
すると大ぜいの人の群れが、足のなえた者、手足の不自由な者、盲人、口のきけない者、そのほか多くの人をみもとに連れて来た。そして彼らをイエスの足もとに置いたので、イエスは彼らをいやされた。

31
それで群集は、口のきけない者がものを言い、手足の不自由な者が直り、足のなえた者が歩き、盲人たちが見えるようになるのを見て驚いた。そして彼らはイスラエルの神をあがめた。

32
エスは弟子たちを呼び寄せて言われた。「かわいそうに、この群集はもう三日間もわたしといっしょにいて、食べる物を持っていないのです。彼らを空腹のままで帰らせたくありません。途中で動けなくなるといけないから。」

33
そこで弟子たちは言った。「このへんぴな所で、こんなに大ぜいの人に、十分たべさせるほどたくさんのパンがどこから手に入るでしょう。」

34
すると、イエスは彼らに言われた。「どれくらいパンがありますか。」彼らは言った。「七つです。それに、小さい魚が少しあります。」

35
すると、イエスは群集に、地面に座るよう命じられた。

36
それから、七つのパンと魚を取り、感謝をささげてからそれを裂き、弟子たちに与えられた。そして、弟子たちは群集に配った。

37
人々はみな、食べて満腹した。そして、パン切れの余りを取り集めると、七つのかごにいっぱいあった。

38
食べた者は、女と子どもを除いて、男四千人であった。

39
それから、イエスは群集を解散させて舟に乗り、マガダン地方に行かれた。

マタイの福音書 14章

1 そのころ、国主ヘロデは、イエスのうわさを聞いて、

2
侍従たちに言った。「あれはバプテスマのヨハネだ。ヨハネが死人の中からよみがえったのだ。だから、あんな力が彼のうちに働いているのだ。」

3
実は、このヘロデは、自分の兄弟ピリポの妻ヘロデヤのことで、ヨハネを捕えて縛り、牢に入れたのであった。

4
それは、ヨハネが彼に、「あなたが彼女をめとるのは不法です」と言い張ったからである。

5
ヘロデはヨハネを殺したかったが、群集を恐れた。というのは、彼らはヨハネ預言者と認めていたからである。

6
たまたまヘロデの誕生祝いがあって、ヘロデヤの娘がみなの前で踊りを踊ってヘロデを喜ばせた。

7
それで、彼は、その娘に、願う物は何でも必ず上げると、誓って堅い約束をした。

8
ところが、娘は母親にそそのかされて、こう言った。「今ここに、バプテスマのヨハネの首を盆に載せて私に下さい。」

9
王は心を痛めたが、自分の誓いもあり、また列席の人々の手前もあって、与えるように命令した。

10
彼は人をやって、牢の中でヨハネの首をはねさせた。

11
そして、その首は盆に載せて運ばれ、少女に与えられたので、少女はそれを母親のところに持って行った。

12
それから、ヨハネの弟子たちがやって来て、死体を引き取って葬った。そして、イエスのところに行って報告した。

13
エスはこのことを聞かれると、舟でそこを去り、自分だけで寂しい所に行かれた。すると、群集がそれと聞いて、町々から、歩いてイエスのあとを追った。

14
エスは舟から上がると、多くの群集を見、彼らを深くあわれんで、彼らの病気をいやされた。

15
夕方になったので、弟子たちはイエスのところに来て言った。「ここは寂しい所ですし、時刻ももう回っています。ですから群集を解散させてください。そして村に行ってめいめいで食物を買うようにさせてください。」

16
しかし、イエスは言われた。「彼らが出かけて行く必要はありません。あなたがたで、あの人たちに何か食べる物を上げなさい。」

17
しかし、弟子たちはイエスに言った。「ここには、パンが五つと魚が二匹よりほかありません。」

18
すると、イエスは言われた。「それを、ここに持って来なさい。」

19
そしてイエスは、群集に命じて草の上にすわらせ、五つのパンと二匹の魚を取り、天を見上げて、それらを祝福し、パンを裂いてそれを弟子たちに与えられたので、弟子たちは群集に配った。

20
人々はみな、食べて満腹した。そして、パン切れの余りを取り集めると、十二のかごにいっぱいあった。

21
食べた者は、女と子どもを除いて、男五千人ほどであった。

22
それからすぐ、イエスは弟子たちを強いて舟に乗り込ませて、自分より先に向こう岸へ行かせ、その間に群集を帰してしまわれた。

23
群集を帰したあとで、祈るために、ひとりで山に登られた。夕方になったが、まだそこに、ひとりでおられた。

24
しかし、舟は、陸からもう何キロメートルも離れていたが、風が向かい風なので、波に悩まされていた。

25
すると、夜中の三時ごろ、イエスは湖の上を歩いて、彼らのところに行かれた。

26
弟子たちは、イエスが湖の上を歩いておられるのを見て、「あれは幽霊だ」と言って、おびえてしまい、恐ろしさのあまり、叫び声を上げた。

27
しかし、イエスはすぐに彼らに話しかけ、「しっかりしなさい。わたしだ、恐れることはない」と言われた。

28
すると、ペテロが答えて言った。「主よ。もし、あなたでしたら、私に、水の上を歩いてここまで来い、とお命じになってください。」

29
エスは「来なさい」と言われた。そこで、ペテロは舟から出て、水の上を歩いてイエスのほうに行った。

30
ところが、風を見て、こわくなり、沈みかけたので叫び出し、「主よ、助けてください」と言った。

31
そこで、イエスはすぐに手を伸ばして、彼をつかんで言われた。「信仰の薄い人だな。なぜ疑うのか。」

32
そして、ふたりが舟に乗り移ると、風がやんだ。

33
そこで、舟の中にいた者たちは、イエスを拝んで、「確かにあなたは神の子です」と言った。

34
彼らは湖を渡ってゲネサレの地に着いた。

35
すると、その地の人々は、イエスと気がついて、付近の地域にくまなく知らせ、病人という病人をみな、みもとに連れて来た。

36
そして、せめて彼らに、着物のふさにでもさわらせてやってくださいと、イエスにお願いした。そして、さわった人々はみな、いやされた。

マタイの福音書 13章

1 その日、イエスは家を出て、湖のほとりにすわっておられた。

2
すると、大ぜいの群集がみもとに集まったので、イエスは舟に移って腰をおろされた。それで群集はみな浜に立っていた。

3
エスは多くのことを、彼らにたとえで話して聞かされた。「種を蒔く人が種蒔きに出かけた。

4
蒔いているとき、道ばたに落ちた種があった。すると鳥が来て食べてしまった。

5
また、別の種が土の薄い岩地に落ちた、土が深くなかったので、すぐに芽を出した。

6
しかし、日が上ると、焼けて、根がないために枯れてしまった。

7
また、別の種はいばらの中に落ちたが、いばらが伸びて、ふさいでしまった。

8
別の種は良い地に落ちて、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結んだ。

9
耳のあるものは聞きなさい。」

10
すると、弟子たちが近寄って来て、イエスに言った。「なぜ、彼らにたとえでお話しになったのですか。」

11
エスは答えて言われた。「あなたがたには、天の御国の奥義を知ることが許されているが、彼らには許されていません。

12
というのは、持っている者はさらに与えられて豊かになり、持たない者は持っているものまでも取り上げられてしまうからです。

13
わたしが彼らにたとえで話すのは、彼らは見てはいるが見ず、聞いてはいるが聞かず、また、悟ることもしないからです。

14
こうしてイザヤの告げた預言が彼らの上に実現したのです。『あなたがたは確かに聞きはするが、決して悟らない。確かに見てはいるが、決してわからない。

15
この民の心は鈍くなり、その耳は遠く、目はつぶっているからである。それは、彼らがその目で見、その耳で聞き、その心で悟って立ち返り、わたしにいやされることのないためである。」

16
しかし、あなたがたの目は見ているから幸いです。また、あなたがたの耳は聞いているから幸いです。

17
まことに、あなたがたに告げます。多くの預言者や義人たちが、あなたがたの見ているものを見たいと、切に願ったのに見られず、あなたがたの聞いていることを聞きたいと、切に願ったのに聞けなかったのです。

18
ですから、種蒔きのたとえを聞きなさい。

19
御国のことばを聞いても悟らないと、悪い者が来て、その人の心に蒔かれたものを奪って行きます。道ばたに蒔かれるとは、このような人のことです。

20
また岩地に蒔かれるとは、みことばを聞くと、すぐに喜んで受け入れる人のことです。

21
しかし、自分のうちに根がないため、しばらくの間そうするだけで、みことばのために困難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまいます。

22
また、いばらの中に蒔かれるとは、みことばを聞くが、この世の心づかいと富の惑わしとがみことばをふさぐため、実を結ばない人のことです。

23
ところが、良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いてそれを悟る人のことで、その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。」

24
エスは、また別のたとえを彼らに示して言われた。「天の御国は、こういう人にたとえることができます。ある人が自分の畑に良い種を蒔いた。

25
ところが、人々が眠っている間に、彼の敵が来て麦の中に毒麦を蒔いて行った。

26
麦が芽ばえ、やがて実ったとき、毒麦も現れた。

27
それで、その家の主人のしもべたちが来て言った。『ご主人。畑には良い麦を蒔かれたではありませんか。どうして毒麦が出たのでしょう。』

28
主人は言った。『敵のやったことです。』すると、しもべたちは言った。『では、私たちが行ってそれを抜き集めましょうか。』

29
だが、主人は言った。『いやいや。毒麦を抜き集めるうちに、麦もいっしょに抜き取るかもしれない。

30
だから、収穫まで、両方とも育つままにしておきなさい。収穫の時期になったら、私は刈る人たちに、まず、毒麦を集め、焼くために束にしなさい。麦のほうは、集めて私の倉に納めなさい、と言いましょう。』」

31
エスは、また別のたとえを彼らに示して言われた。「天の御国は、からし種のようなものです。それを取って、畑に蒔くと、

32
どんな種よりも小さいのですが、生長すると、どの野菜よりも大きくなり、空の鳥が来て、その枝に巣を作るほどの木になります。」

33
エスは、また別のたとえを話された。「天の御国は、パン種のようなものです。女が、パン種を取って、三サトンの粉の中に入れると、全体がふくらんで来ます。」

34
エスは、これらのことをみな、たとえで群集に話され、たとえを使わずには何もお話にならなかった。

35
それは、預言者を通して言われたことが成就するためであった。「わたしはたとえ話をもって口を開き、世の初めから隠されていることどもを物語ろう。」

36
それから、イエスは群集と別れて家に入られた。すると、弟子たちがみもとに来て、「畑の毒麦のたとえを説明してください。」と言った。

37
エスは答えてこう言われた。「良い種を蒔く者は人の子です。

38
畑はこの世界のことで、良い種とは御国の子どもたち、毒麦とは悪い者の子どもたちのことです。

39
毒麦を蒔いた敵は悪魔であり、収穫とはこの世の終わりのことです。そして、刈り手とは御使いたちのことです。

40
ですから、毒麦が集められて火で焼かれるように、この世の終わりにもそのようになります。

41
人の子はその御使いたちを遣わします。彼らは、つまずきを与える者や不法を行う者たちをみな、御国から取り集めて、

42
火の燃える炉に投げ込みます。彼らはそこで泣いて歯ぎしりするのです。

43
そのとき、正しい者たちは、彼らの父の御国で太陽のように輝きます。耳のある者は聞きなさい。

44
天の御国は、畑に隠された宝のようなものです。人はその宝を見つけると、それを隠しておいて、大喜びで帰り、持ち物を全部売り払ってその畑を買います。

45
また、天の御国は、良い真珠を捜している商人のようなものです。

46
すばらしい値うちの真珠を一つ見つけた者は、行って持ち物を全部売り払ってそれを買ってしまいます。

47
また、天の御国は、海におろしてあらゆる種類の魚を集める地引き網のようなものです。

48
網がいっぱいになると岸に引き上げ、すわり込んで、良いものは器に入れ、悪いものは捨てるのです。

49
この世の終わりにもそのようになります。御使いたちが来て、正しい者の中から悪い者をえり分け、

50
火の燃える炉に投げ込みます。彼らはそこで泣いて歯ぎしりするのです。

51
あなたがたは、これらのことがみなわかりましたか。」彼らは「はい」とイエスに言った。

52
そこで、イエスは言われた。「だから、天の御国の弟子となった学者はみな、自分の倉から新しい物でも古い物でも取り出す一家の主人のようなものです。」

53
これらのたとえを話し終えると、イエスはそこを去られた。

54
それから、ご自分の郷里に行って、会堂で人々を教え始められた。すると、彼らは驚いて言った。「この人は、こんな知恵と不思議な力をどこで得たのでしょう。

55
この人は大工の息子ではありませんか。彼の母親はマリヤで、彼の兄弟は、ヤコブ、ヨセフ、シモン、ユダではありませんか。

56
妹たちもみな私たちといっしょにいるではありませんか。とすると、いったいこの人は、これらのものをどこから得たのでしょう。」

57
こうして、彼らはイエスにつまづいた。しかし、イエスは彼らに言われた。「預言者が尊敬されないのは、自分の郷里、家族の間だけです。」

58
そして、イエスは、彼らの不信仰のゆえに、そこでは多くの奇蹟をなさらなかった。

マタイの福音書 12章

1 そのころ、イエスは、安息日に麦畑を通られた。弟子たちはひもじくなったので、穂を摘んで食べ始めた。

2
すると、パリサイ人たちがそれを見つけて、イエスに言った。「ご覧なさい。あなたの弟子たちが、安息日にしてはならないことをしています。」

3
しかし、イエスは言われた。「ダビデとその連れの者たちが、ひもじかったときに、ダビデが何をしたか、読まなかったのですか。

4
神の家に入って、祭司のほかは自分も共の者たちも食べてはならない供えのパンを食べました。

5
また、安息日に宮にいる祭司たちは安息日の神聖を冒しても罪にならないということを、律法で読んだことはないのですか。

6
あなたがたに言いますが、ここに宮より大きな者がいるのです。

7
『わたしはあわれみは好むが、いけにえは好まない』ということがどういう意味かを知っていたら、あなたがたは、罪のない者たちを罪に定めはしなかったでしょう。

8
人の子は安息日の主です。」

9
エスはそこを去って、会堂に入られた。

10
そこに片手のなえた人がいた。そこで彼らはイエスに質問して「安息日にいやすのは正しいことでしょうか」と言った。イエスを訴えるためであった。

11
エスは彼らに言われた。「あなたがたのうち、だれかが一匹の羊を持っていて、もしその羊が安息日に穴に落ちたら、それを引き上げてやらないでしょうか。

12
人間は羊より、はるかに値うちのあるものでしょう。それなら、安息日に良いことをすることは、正しいのです。」

13
それから、イエスはその人に、「手を伸ばしなさい」と言われた。彼が手を伸ばすと、手は直って、もう一方の手と同じようになった。

14
パリサイ人は出て行って、どのようにしてイエスを滅ぼそうかと相談した。

15
エスはそれを知って、そこを立ち去られた。すると多くの人がついて来たので、彼らをみないやし、

16
そして、ご自分のことを人々に知らせないようにと、彼らを戒められた。

17
これは、預言者イザヤを通して言われたことが成就するためであった。

18
「これぞ、わたしの選んだわたしのしもべ、わたしの心は喜ぶわたしの愛する者。わたしは彼の上にわたしの霊を置き、彼は異邦人に公義を宣べる。

19
争うこともなく、叫ぶこともせず、大路でその声を聞く者もない。

20
彼はいたんだ葦を折ることもなく、くすぶる燈心を消すこともない、公義を勝利に導くまでは。

21
異邦人は彼の名に望みをかける。」

22
そのとき、悪霊につかれて、目も見えず、口もきけない人が連れて来られた。イエスが彼をいやされたので、その人はものを言い、目も見えるようになった。

23
群集はみな驚いて言った。「この人は、ダビデの子なのだろうか。」

24
これを聞いたパリサイ人は言った。「この人は、ただ悪霊どものかしらベルゼブルの力で、悪霊どもを追い出しているだけだ。」

25
エスは彼らの思いを知ってこう言われた。「どんな国でも、内輪もめして争えば荒れすたれ、どんな町でも家でも、内輪もめして争えば立ち行きません。

26
もし、サタンがサタンを追い出していて仲間割れしたのだったら、どうしてその国は立ち行くでしょう。

27
また、もしわたしがベルゼブルによって悪霊どもを追い出しているのなら、あなたがたの子らはだれによって追い出すのですか。だから、あなたがたの子らが、あなたがたをさばく人となるのです。

28
しかし、わたしが神の御霊によって悪霊どもを追い出しているのなら、もう神の国はあなたがたのところに来ているのです。

29
強い人の家に入って家財を奪い取ろうとするなら、まずその人を縛ってしまわないで、どうしてそのようなことができましょうか。そのようにして初めて、その家を略奪することもできるのです。

30
わたしの味方でない者はわたしに逆らう者であり、わたしとともに集めない者は散らす者です。

31
だから、わたしはあなたがたに言います。人はどんな罪も冒涜も赦していただけます。しかし、御霊に逆らう冒涜は赦されません。

32
また、人の子に逆らうことばを口にする者でも、赦されます。しかし、聖霊に逆らうことを言う者は、だれであっても、この世であろうと次に来る世であろうと、赦されません。

33
木が良ければ、その実も良いとし、木が悪ければその実も悪いとしなさい。木のよしあしはその実によって知られるからです。

34
まむしのすえたち。おまえたち悪い者に、どうして良いことが言えましょう。心に満ちていることを口が話すのです。

35
良い人は、良い倉から良い物を取り出し、悪い人は、悪い倉から悪い物を取り出すものです。

36
わたしはあなたがたに、こう言いましょう。人はその口にするあらゆるむだなことばについて、さばきの日には言い開きをしなければなりません。

37
あなたが正しいとされるのは、あなたのことばによるのであり、罪に定められるのも、あなたのことばによるのです。」

38
そのとき、律法学者、パリサイ人たちのうちのある者がイエスに答えて言った。「先生。私たちは、あなたからしるしを見せていただきたいのです。」

39
しかし、イエスは答えて言われた。「悪い、姦淫の時代はしるしを求めています。だが預言者ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられません。

40
ヨナは三日三晩大魚の腹の中にいましたが、同様に、人の子も三日三晩、地の中にいるからです。

41
ニネベの人々が、さばきのときに、今の時代の人々とともに立って、この人々を罪に定めます。なぜなら、ニネベの人々はヨナの説教で悔い改めたからです。しかし、見なさい。ここにヨナよりもまさった者がいるのです。

42
南の女王が、さばきのときに、今の時代の人々とともに立って、この人々を罪に定めます。なぜなら、彼女はソロモンの知恵を聞くために地の果てから来たからです。しかし、見なさい。ここにソロモンよりもまさった者がいるのです。

43
汚れた霊が人から出て行って、水のない地をさまよいながら休み場を捜しますが、見つかりません。

44
そこで、『出て来た自分の家に帰ろう』と言って、帰って見ると、家はあいていて、掃除してきちんとかたづいていました。

45
そこで、出かけて行って、自分よりも悪いほかの霊を七つ連れて来て、みな入り込んでそこに住みつくのです。そうなると、その人の後の状態は、初めよりもさらに悪くなります。邪悪なこの時代もまた、そういうことになるのです。」

46
エスがまだ群集に話しておられるときに、イエスの母と兄弟たちが、イエスに何か話そうとして、外に立っていた。

47
すると、だれかが言った。「ご覧なさい。あなたのお母さんと兄弟たちが、あなたに話そうとして外に立っています。」

48
しかし、イエスはそう言っている人に答えて言われた。「わたしの母とはだれですか。また、わたしの兄弟たちとはだれですか。」

49
それから、イエスは手を弟子たちのほうに差し伸べて言われた。「見なさい。わたしの母、わたしの兄弟たちです。

50
天におられるわたしの父のみこころを行う者はだれでも、わたしの兄弟、姉妹、また母なのです。」