読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フツーの自己啓発

汎用性と再現性とその他

☆未来はいつも明るい

久しぶりにブログを書きます。いまは本当に大変な時代ですね。しかし、世界経済、日本経済がたとえ大変な状況だとしても、お金持ちだけが、上手く助かることなんてあり得ない。日本を抜け出して海外へ行っても同じこと。だから、億万長者の高額塾で学んでお金を稼ごうとしなくてもいいと思う。お金を無駄に使うだけ。稼ごうと思う人は、多分中高年の方たちが多いと思うが、かれらの思うツボ。かれらは、情報弱者をカモにして儲けることが出来るが、学んだ人が本当に億万長者になれるかというと、そんなことはほぼゼロに等しい。このブログのフツーの自己啓発は、お金を稼ぐ話しは、汎用性と再現性がないため、取り上げない。つまり、同じことをやってみたところで、必ず科学のように同じ結果が導き出せるはずがないからだ。投資と起業がお金持ちになる手段らしいが、一番確実な収入源は、はやり、なんと言っても、億万長者たちが、否定する会社勤めだ。今や終身雇用も年功序列制度も無くなり、たとえ給料があがらず、いつリストラされるか分からず、年金がもらえるかどうか分からず、将来ロボットが今、働いている職種を奪っていこうと、そうなるなら、そうなるまで、たんたんと働いていけばよい。貯金についてもお金の価値が年々下がっているため、貯金するより投資に回したほうがいいと億を稼いでいるらしい人たちは言ってはいるが、投資に回して本当に成功するだろうか?日本は経済的に少子高齢化を背景に沈没していくだろう。これは、人口構造上避けられない。打開策はあるか?分からないが、専門家たちの予想は大抵外れる。愚者は経験から学び賢者は歴史から学ぶといっても、やはり、専門家の予想は外れる。お金持ちの予想も外れる。大方の予想を覆すのが現実の世界なので、いい意味で、将来はきっと明るいと思う。何故なら億万長者や有識者等は、暗い未来を語っているからだ。こういう時は、その逆になる。だから「未来はいつも明るい」と言える。そう信じられれば現在も明るくなる。