フツーの自己啓発

汎用性と再現性とその他

聖書の中でのきつい言葉は神の愛の表れ

聖書を読んでいると、少しきつい言葉に出会うことがあります。その時は、わたしたちへの「神の愛」が示されていると考えるようにしています。神の言葉に従って、もし悔い改めるならば、神はお許しになるに違いないからです。神の国が完成するまでの残された時間については「救われていく人たちのための特別な時間」だと思っています。
その救われていく人たちの数が満ち、時が満ちるまでの時間はちょうど、ノアの日の洪水前の時間と出来事に似ています。また、ソドムとゴモラの町からロトが救出された時の時間と出来事に似ています。彼らの救出のあと、突然の滅びが邪悪な人々の上にに臨みました。
聖書には今後も同様のことが起こると述べられています。そのため、すべての人たちに対し、神は「悔い改めること」「目を覚ましていて、これらのことを逃れて人の子の前に立てるよう絶えず祈っていること」を望まれています。
悔い改めとは、悪い行い、つまり闇に属する業を捨て、「神が求める良い業」をせよということです。
良い業とは、イエス・キリストをわたしたちの救い主とし受け入れ信じること。
「救いは、わたしたちの行いによらず、ただ、主イエスへの信仰による。」
わたしたちは、自分で自分を救うことは出来ず、救いは神からの賜物です。それは誰も誇ることがないためです。しかし、聖書の知識がなければ、何をどう信じ、理解したらよいのかが分かりません。
一世紀当時は神から使わされたイスラエル人のための十二使徒をはじめ、七十二人使徒、一般の信者そして異邦人のために使わされたパウロなどがおりました。彼らを神から使わされたイエスがお選びになりました。神による強力な業が行われたな時代です。一世紀当時はイエスについて知らない人はいなかったと言えます。
キリストと一緒に十字架に付けられた二人の強盗のうちの一人は悔い改めて、イエスに信仰を告白して救われました。その人は当時、イエスについてどんな方かを知っていた。だからイエスに向かって、「あなたがご自分の王国に入るときに私のことを思い出して下さい。」と言えた。
「悔い改める」こととは何か、「信じる」こととは何か、そして「永遠の命」とは何か、などを理解するために、聖書を読んで神とイエス・キリストについて知る必要があリます。
お二方への愛と信仰を持ち、兄弟愛、隣人愛を実践し、すべての人たちのために平和を求めていきましょう。
時間を買い取って、聖書を読み、祈りをし、神の言葉に従って生きていきましょう。
神の言葉は真理であり、霊であり、命です。
真理はわたしたちを罪から解放し、聖くします。この点、肉は少しも役に立ちません。聖霊の助けと導きにより、わたしたちの体を神に受け入れられる神の器として用いていただけますように。アーメン。

まじめな話

隠された真実

失われた羊を見つけ出せれば

それでいいのかも知れない。

人類は悪魔を父としているから,

だから滅びる。

しかし、

悔い改めて、

救われる人たちも確かにいる。

これが、隠された真実。

神は祈りを聞いてくださる

「敵を愛し、あなた方を憎むものによくせよ。呪うものを祝福し、なやますもののために祈れ。略 そうすれば褒美は多かろう。そしていと高き方の子となろう。」(ルカ6章27節から35節)前田訳
わたしたちのほとんどは、この人間社会で生きて来たなかで、だれもが、わたしたちを悩ます者に出会ったり、憎む者に出会ったり、わたしたちを呪う者に出会ったことがあるのではないかと思います。いわゆる「敵」と思える人たちにです。もしその人が、身近にいる隣人であり、話の出来るような相手であれば、自分の意見をしっかり相手に伝え、上記の聖書の助言に従って行動し、祈ってみると良いでしょう。その際、自分で復讐をしてはいけません。「悪に負けず、善によって悪に勝ちなさい。」(ローマ12章21節)前田訳 と聖書はすすめています。この方法が神が人間に求められている悪に対する最善の対処法です。もし、必要ならば、神ご自身が聖書の中でこういわれています。「主はいわれる、仕返しはわがもの、わたしが報いる」(ローマ12章19節)前田訳 つまり復讐は神が行われるということです。あくまでも、わたしたち人間は「善で対応していく」ことが自分のためであり、また相手のためでもあります。結局それが人間関係の一番の解決策という訳です。一方、詩篇94篇には、復讐を願う祈りの詩篇もあり、こちらは身近にいる隣人ではなく、話の出来るような相手ではない「敵」に対する祈りになります。ただし、やはり、直接人間が復讐するのではなく、神が復讐することを願っています。神の正義が行われることを願う詩編となります。個人的な恨みのためではありません。個人的に呪うことは自分にとって災いとなります。やはり善を行い、なやますもののために祈ることが最善です。「そうすれば褒美は多かろう。そしていと高き方の子となろう。」と聖書に書いてあるからです。

永遠の命とは

「永遠の命とは、唯一のまことの神であられるあなたと、あなたのお遣わしになったイエス・キリストを知ることです。」(ヨハネ17章3節) 新共同訳
聖書を読んだことの無い方であれば、最初に、ご自分で聖書を読まれてみることをおすすめします。唯一のまことの神であられる方とイエス・キリストを知るために。
新約聖書旧約聖書は、それぞれ新約が27冊、旧約が39冊あります。それらをあわせて66冊にまとめたものが、聖書全巻となっています。
「聖書はすべて神の霊の導きの下に書かれ、人を教え、戒め、誤りを正し、義に導く訓練をするうえに有益です。」(テモテⅡ3章16節)新共同訳
毎日読めれば、一番よいのですが、仕事で疲れていたり、緒事情で読めない日もあると思います。少しの時間を割いて読み始めてみるのはいかがでしょうか。
まず、聖書に触れてみてください。どこから読まれても良いと思います。興味のあるところから始め、少しずつ聖書の知識を広げていってみてください。聖書に次のように書いてあるからです。
「なぜなら、わたしを見いだす者は、いのちを見いだし、主から恵みをいただくからだ。」
箴言8章35節) 新改訳

三位一体とは?

キリスト教世界には、父と子と聖霊に関する、三位一体の教義があり、それについての論争が昔から現在に至るまである。西暦325年のニケーア宗教会議でアタナシウス派アリウス派の教義を退けてから、次第に三位一体の哲学が固まっていった。その三位一体だがいろいろな考え方があって、それぞれについては、牧師も神父も明確に説明できないのだ。勿論、聖書にはこの言葉はなく、ただ、父と子と聖霊に関して三位一体の概念が聖書の中にあるというために聖書学者が推論して編み出した考え方だ。異端を退けるための苦しい戦いの歴史があり、そうした背景の中でそれは生まれたとのこと。神についての三位一体論は人間の理解を超えているため、結局は信じるか信じないかということのようだ。しかし信じるか否かで正統と異端に分けられてしまう。カトリックプロテスタントその他の教会で三位一体を信じるグループと三位一体を否定する異端と呼ばれている教会グループがある。一世紀当時のイエスの弟子である十二使徒たちは黙示録のなかで、十二部族を裁く王座につくことになっている。彼らは三位一体など知らなかった。これが答えだ。分からないことを敢えて分かろうとしてバプテスマ信仰告白に三位一体を無理やり信じる必要はない。霊そのものが証ししている。神さまから直接教わり、主イエスのもとへ行く。天に行くか地にいくかどちらへ行くかは分からずとも、イエスと共に歩んでいく。これが、信仰である。カトリックであれプロテスタントであれ、教会に行って説教を聞いていればよいというものではない。十二使徒の最後のひとりであるヨハネが亡くなってから、教会は背教した。カトリックカトリックから分かれたプロテスタントも。そして現在に至る。今、地上にある教会はすべて、大いなるバビロンのように思えてならない。

命を与えるのは何か? 信仰とは?  救いとは? 聖書を調べてみました

命を与えるのは「霊」である。肉は何の役にも立たない。わたしがあなたがたに話した言葉は霊であり、命である。(ヨハネ6章63節)新共同訳

信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。(ヘブル11章1節)新改訳

わたしを見いだす者は命を見いだし/主に喜び迎えていただくことができる。 (箴言8章35節)新共同訳

永遠のいのちとは、彼らが唯一のまことの神であるあなたと、あなたの遣わされたイエス・キリストとを知ることです。(ヨハネ17章3節)新改訳

ほかのだれによっても、救いは得られません。わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていない。(使徒4章12節)新共同訳

創世記1章1節から2章2節までについて  考えてみました  

創世記には、初めに神は天と地を創造された。から始まり地球の最初の状態が、地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。と書かれている。地は形がなく、何もなかった。と書いている聖書もある。その後モーセが書いたといわれる、神による、地の創造の過程が淡々と書かれ、2章2節で創造を休まれたことが分かる。神ご自身が造られたものをご覧になってそれらを良しと見られたと書いている。私の勝手な想像だが、神様は何もない暗闇の中にある地に対して、何もないところに光を、続いて何もないところに愛を、最後に何もないところに喜びをと、ご自分の気持ちを込めて、さまざまな環境や生き物を造っていったのではないかと思った。聖書に書かかれていないので、あくまでも私の想像であるが。3節に神が「光あれ」と仰せられて光ができた。と書いてあり、これが第一日目のことで、この光が太陽なのか、霊的な光なのか、人間には分からない。二つの大きな光る物と星を造られたのが弟四日目になっているからだ。記述どおり順番に創造されたならば、地球が一番古い惑星となる。なぜなら、太陽と月と星を造られたのが、第四日目になっているからだ。私、個人の考えとしては、現代科学と一致してなくても、全くかまわない。地球と宇宙は人間のために、創造されたと信じている。宇宙の星々を神が人間の及びもつかない方法で配置なさったと考えられるからだ。ところで、聖書で「光」といえば、「命」を意味しており、「闇」は「死」を意味している。創世記1章2節目以降は、闇の地球つまり、死の惑星を命の惑星に創造していく過程の記述ではないかと考えられる。第一日目の光が、命を意味していると考える人は、ネットで調べてみてもいなかった。第一日目の光についての考え方は、聖書に書かれていないため、あくまでも私の想像に過ぎない。話は変わるが、人間の心は環境や学習、健康状態で変化する。なんとなく心がすっきりしなかったり、落ち込んでいるときなどは、こんな風に考えてみてはいかかでしょうか。何もないところに光を、(ヤコブ1章17節)何もないところに愛を、(ヨハネ第一4章8節)何もないところに喜びを(ヨハネ16章24節)と。そしてもし、信仰によって心が充実してきたら、こう言ってみては。こうして父なる神は御子イエス・キリストを通して、私のポッカリと空いた心の穴を塞ぎ、「光」と「愛」と「喜び」とで満たしてくださったと。