フツーの自己啓発

汎用性と再現性とその他

火の燃える池とは

私たちの主であるイエス・キリストの十字架での死と復活から約3年半後にステファノが殉教した。
この時サウロはステファノの死を良しと考えていた。サウロは熱心ではあるが誤った信仰からクリスチャンへの迫害を行っていた。が、ダマスコの近くに来たとき、突然、イエス様と出会うことになる。その後、名をサウロからパウロへと変え、キリストを宣べ伝える熱心な信者となる。イエス様の昇天後、「イエス・キリストが直接、人間と接触されたのはパウロのみ」である。ヨハネがパトモス島で黙示録を記述した時には神からイエス・キリストイエス・キリストから御使いを通して使徒ヨハネに神の幻と言葉が伝えられた。ヨハネは二度礼拝しようとしたが、神を礼拝するようにと御使いから警告を受けている。イエス様の昇天後、使徒ヨハネでさえイエス・キリストと直接、接触はしていなかった。
さて、イエス様と出会い地獄へ案内されたり、地獄から助け出された体験をしたという人たちがいる。おそらく彼らは実際にその幻を体験をしたのだろう。しかし、前述したように、その出会った相手はイエス様ではない。内容は「地獄の体験とセット」になっている。そこには地獄で苦しむ人々の悲惨な情景が描かれている。実際にはまだ地獄は存在していないのだが・・・。多くの現代の教え手たちが、「火の燃える池」を永遠に人(獣、偽預言者、悪魔等を含む)を苦しめる場所として信者たちに話しをしている。聖書では第二の死と呼ぶ場所を。しかし第一の復活を受けた幸いな者、聖なる者たちには第二の死(火の燃える池)は何の力も無い(黙示録20:6)と聖書に記述されている。いわゆる苦しめる場所と彼らとは何の関係があろう。彼らは既に永遠の命を持っている。何の力も無いとは、つまり苦しめる場所を言っているのではなく、この火の燃える池が意味する完全な消滅は彼らには何の力も無いことを言っているのである。海もハデスも死人を出した後、ハデスと死はその第二の死である火の燃える池へ投げ込まれる。その後、「もはや死もなく」(黙示録21:4)という神の言葉通り、死は消滅している。
「最後の敵である死がのみこまれて無くなる」と預言されている(イザヤ25:8)。つまり、兄弟たち、火の燃える池(第二の死)は完全な消滅を意味しており、昼も夜も限りなく永遠に苦しめられるという表現はその完全な消滅が永遠に続くという文学的な表現である点を理解してほしい。聖絶はあっても、いわゆる人間を地獄で生きたまま苦しめさせることは「決して神の御心ではない」(ヨハネ第一4:8)。
それが、たとえ完全な消滅であっても(エゼキエル18:23)。そこでこの「永遠に苦しむ地獄があること」を幻で見させた者が誰であるかは言うまでもない。イエス様に扮して「生きたまま苦しむ地獄」を見せた者が実は悪魔からの者であることは明白である。
その地獄を文字通りの苦しむ場所だとして教えている教師たちは誰であれ、真理を偽って語る者はより重い裁きを受ける(ヤコブ3:1)と聖書が警告していることをよく心に留めておいてほしい。

御霊によって歩きなさい

イエス・キリストの十字架上の贖いの死と三日目の復活は私たち信じる者にとって、「完全な救い」である。

絡みつく罪を捨てる方法

「キリスト・イエスに属する者は、自分の肉をその情と欲と共に十字架につけてしまったのである。」

多くのクリスチャンが罪深い肉の力に負けている。

体が贖われていないという理由と悪魔の惑わす力が働くためであるが、真理はあな方を(罪から)自由にするとも聖書に書かれている。

キリスト・イエスを心に迎え入れて御霊に自分をゆだねると共に、人間の自由意志による選択により、

自分の肉をその情と欲と共に十字架につけてしまうことが必要。

本当に自分を十字架につけるつもりで、「罪を犯す前に」苦しみの十字架に自分をつけるよう心を働かせる。

一度、十字架上で死ぬのだ。イエス様が共にいてくださるからこれでいい。

「肉において死に渡され、霊において甦らされた。」

「キリストと共に死に、キリストと共に甦らされた。」

自分が十字架上で死んだとき、十字架は苦しみではなく喜びであることが分かる。

この体験が罪に対して死んだときの父なる神から与えられた喜びの体験だ。

この喜びの体験を大切にしましょう。

「クリスチャンの戦い」と巷でいわれているが、決して難しくはない。キリスト・イエスにある者は、

信仰によって世を征服する。罪を行ない続けることはない。

エス様を常に見つめて生きていきましょう。

神は愛であり光である

神は愛であり光である。愛と光は分離することは出来ない。

光のあるところに闇は共存できない。

イエス・キリストが終りの日に退ける「ヤギ」や「主よ、主よと言う者たち」は愛のない闇に属する者たちであった。

だから小さな者にしなかったといわれ、不法を働く者たちと呼ばれた。罪は不法であり、闇である。

キリストの律法は神と兄弟、隣人を愛すること。

愛は光であり、父、子、聖霊の神である。

あなたがたの間に愛があればキリストの真の弟子である。

聖化は愛する時に瞬時に起こる。

愛は光であるため、闇を遠ざけ、光の中を歩むことになる。

愛することで罪を犯さなくなることが父なる神の御心。

しかし私たちはまだ、第一の復活時に与えられるキリストに似た体をいただいていないため、罪深さを持つ。

しかし、もし罪を犯してもイエス様がいる。

そうであっても、愛と罪は共存できない。光と闇も。

これらのことをはっきり理解できれば、愛することが、世にあって光を輝かせることであり、神の御心であって、あなたを永遠の命に導くのだということが分かる。

そしてあなたは御霊によって知る。

あなたの内に神が住まわれていることを。

愛は苦しんでいる状況からの解放と喜びをもたらす

闇の業である罪からの解放は、「愛する」瞬間に主イエス・キリストを通して父なる神からもたらされる。

愛は光である。愛はあなたを暗闇から遠ざける。

キリスト・イエスと結びついているキリスト者は神と隣人を「愛する」ため、命をもたらす霊の法則が罪と死をもたらす法則からあなたを解放する。

あなたは罪を犯すことが出来ず、光の中にとどまる。

私たちのこころは、肉と霊の両方から影響を受ける。体は贖われていないため、肉の罪深い性質は残る。

もしあなたが、闇の中を歩みたくなければ、愛する気持ちをもつこと。

そうすれば、光である父、子、聖霊の神があなたを瞬時に守る。

光の子は真理の霊によって歩む。

そして「愛する」がゆえに神の子供である。

これが、神の救いと裁きのご計画である

以下にまとめてみました。

 

1.神は実在しておられ、全知全能である。

 

2.人は神への悔い改めと主イエスへの信仰によって救われる。

 

3.神は悪を罰する方。だから神を恐れ、悪から遠ざかって善を行え。

 

4.主イエスが再臨されるとき、クリスチャンは救いを得、悪を行う者たちは滅びに至る。

 

5.キリスト・イエスを信じる者は光の中を歩み、神との平和を得て永遠の命に至る。

救われている人は「罪から完全に解放されている」

皆さまお元気でお過ごしでしょうか?しばらくぶりにブログを書いています。読んでくだっさっている皆さまに神の祝福がありますように。

 

ネットで様々な教会の礼拝を聞いていました。黙示録に書かれている艱難について、艱難は7年間あり、その艱難の前に普遍的教会である真のクリスチャンが空中に携挙されるという艱難前携挙説、中期携挙説、後期携挙説など。他に、そもそも7年間の艱難期はないとする説。それぞれの牧師さんが信じている黙示録を解説していました。「獣の刻印」も気になりますね。イエス様の地上再臨では救われる真のクリスチャンと滅びる人々とがはっきりと分かれて記述されています。その後、千年王国があり、次ぎに白い御座での最後の審判があり、新天新地が来ます。救いは神様がどのような方法で行われるか神様にお任せすることにしましょう。「義人は信仰によって生きる」とあるように、わたしたちは、自分が聖書に書かれているような人であるかどうかを吟味しておきましょう。以下に聖句を載せています。聖句には、はっきりと「救われる方法」と「救われた状態」について書かれています。父なる神の御心はイエス・キリストを信じる人たちをすべて救いたいというものです。全知全能の方であり、悪人の死を喜ばない方であるにもかかわらず、人間の側に信仰がなければ救うことは出来ないのです。滅びは人間の側の父なる神とイエス・キリストに対する愛の欠如と不信仰によります。イエス・キリストに対する信仰により、父なる神から義の証しとして聖霊が与えられること、そして信仰に入った人は悪を告白し悪を捨て去るよう聖霊によって促されることが記録されています。

 

わたしたちは、主イエスの恵みによって救われると信じている。(使徒15章11節)新共同訳

 

それは、アブラハムに与えられた祝福が、キリスト・イエスにおいて異邦人に及ぶためであり、また、わたしたちが、約束された「霊」を信仰によって受けるためでした。(ガラテヤ3章14節)新共同訳

 

私は言います。御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるようなことはありません。( ガラテヤ5章16節) 新改訳

 

キリスト・イエスによって命をもたらす霊の法則が、罪と死との法則からあなたを解放したからです。(ローマ8章2節)新共同訳

 

あなたがたも知っているように、御子は罪を除くために現れました。御子には罪がありません。御子の内にいつもいる人は皆、罪を犯しません。罪を犯す者は皆、御子を見たこともなく、知ってもいません。(ヨハネ第一3章5~6節)新共同訳

 

人の心をお見通しになる神は、わたしたちに与えてくださったように異邦人にも聖霊を与えて、彼らをも受け入れられたことを証明なさったのです。また、彼らの心を信仰によって清め、わたしたちと彼らとの間に何の差別をもなさいませんでした。(使徒15章8~9節)新共同訳

 

信仰に入った大勢の人が来て、自分たちの悪行をはっきり告白した。また、魔術を行っていた多くの者も、その書物を持って来て、皆の前で焼き捨てた。その値段を見積もってみると、銀貨五万枚にもなった。(使徒19章18~19節)新共同訳

 

だれも、悪をもって悪に報いることのないように気をつけなさい。お互いの間でも、すべての人に対しても、いつも善を行うように努めなさい。いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。どんなことにも感謝しなさい。これこそ、キリスト・イエスにおいて、神があなたがたに望んでおられることです。「霊」の火を消してはいけません。(テサロニケ第一5章15~19節)

 

聖句は以上です。

 

真のクリスチャンと一般の人たちとの違いがはっきりしています。もし変わらないと、自分で思えるなら神に願い求めましょう。御子を見、知るようにしてください。そうすれば、神が主イエスの恵みによって御霊を与えてくださるでしょう。

 

ローマ8章2節の言葉は真実です。真理は「罪と死との法則」からあなたを自由にしたのです。